s-IMG_0331_pp

自尊心マジック

22/April/2017/Ryouko Kuwana

ゆったりした女性的な動き
優しいしゃべり方
上目遣いに伏し目がち
肩や足の露出
柔らかい素材、曲線模様の服

決して上からではなく、
人の下から優しくふんわりと心の中に入り込む女。

そんな女性に出会ったら、
男性は、無下にシャットアウトすることはできないのではないかもしれません。

なぜなら、自尊心を満たしてくれるから。

自尊心とは、自分で自分を認め、尊ぶ気持ち。
自信でもあります。

誰もが求め、誰もが手にしたい感情です。

本当は、第三者ではなく、自分自身が満たす感情なのに、
「この人は自尊心を満たしてくれる相手」などと錯覚してしまうことがあります。

その相手が策略を持って近づいてきているだとしたら、もうイチコロ。
これが「自尊心マジック」です。

先日、TBS「ビビット」でコメントをするために、
何度も山邉節子容疑者のVTRを見ていたら、
彼女が完全に「自尊心マジック」を使っていると感じました。

服装、言葉、身のこなし、表情など、何から何まで「受け身」を演出しながら、
相手からオファーされるように仕向けているのです。

「私はあなたの保護下なのよ」と安心させ、エレガントな動きとは裏腹に、
「相手は絶対自分の思い通りになる」という強力なビリーフがあるので、
相手はその強力な思いに巻き込まれてしまいます。

何よりもタイで警官に囲まれたとき、
普通の人なら怯えるか、
自分の罪を隠そうとして怒り出すというのに、
ゆっくりとした動作でおじぎまでしている。

こういった優雅な動作を繰り返しているため、
どんな修羅場であってもとっさに無意識にできてしまうのでしょう。

困ったときは反発をせず、融合すれば、
相手は自分に歯向かえなくなることを確信しているのです。

これまで幾多の人々の自尊心を満たし、強い信念で詐欺を働いた女。

何から何まで計算し尽されています。
「逮捕された」ということ以外は。

男性の皆様は、くれぐれも「自尊心マジック」にご用心(笑)。