OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ハンドスピナーで熱中?

16/July/2017/Ryouko Kuwana

ハンドスピナーを買ってみました。

このおもちゃが世界中でこんなにも流行っているのはなぜか、
本当に楽しいのか、どうしても知りたくて…。

そこで、

右手で持って、左手で回す。

左手で持って、右手で回す。

テーブルに置いて、一気に回す。

3つほど試してみたのですが…、
残念ながら面白さが分からず。

ならば、癖にしてしまおうと、
15分ほど回し続けてみました。
(けっこう長い)

ハンドスピナーのとりこになってみたい。
そんな熱い思いを込めて。

結果、飽きました。

残念ながら、私にはハンドスピナーの面白さが分からないのです。

ハンドスピナーは、一点に集中するため、
ストレスの解消や多動性タイプのADHDに効果があると言われています。

たしかに1つのことに集中すれば、頭の中に渦巻く様々な思いや、
様々な言葉を排出できるため、とらわれから解放されますものね。

でも、元々の制作意図は「軽さ」にあったようです。

1990年代にフロリダ州のキャサリン・ヘッティンガーさんという方が「重症筋無力症」の子供でも
遊べるおもちゃはないかと考えて生まれたのが、発端だったそうです。

当時は、「フィジェット・スピナー」という商品名で出していたのが、
特許切れになり、今になってハンド・スピナーとしてブレイク。

やはり根底には、メンタルケアの要素が根付いているようで、
「役に立つおもちゃ」であることは、間違いなさそうです。

おもちゃも、仕事も、人間関係も、恋愛も、どんなことでも、
集中できる、熱中する、夢中になるって最高に幸せですからね。

ハンドスピナーなしでも、夢中になれる事柄を増やしていきたいな~。

ハンドスピナーって、いろいろ遊び方があるみたいですが、
私のツボに入ったのは、「フライドポテトも冷ませます」という有吉弘行さんの案!
ハンドスピナーの上にポテトを置くところが可愛い♪

あれ、でも、フライドポテトって、熱い方が美味しくない?

 

桑名涼子