桑名涼子|MC司会|講演|

スピーチ・講演・プレゼン☆冒頭からトーンで聴衆を虜にする

プレゼン・スピーチ

講演やスピーチを依頼されたとき、冒頭はどんなトーンで話しだしますか?

 

「みな様、こんにちはーー!!」
「お元気ですかーー??」
「はじめまして。〇〇でーーす」

など、大きな声でパワフルに第一声をスタートしますか?

スピーチや講演の第一声は、大きな声で元気よく。

と、教えるスピーチ教室もありますし、自称スピーチの達人という方が音割れしそうな声でYouTubeに登場することも多々あります。

 

講演を始めたばかりの頃、私も必ず元気にスタートを切りました。 

高いテンションで始めたほうが、勢いがあり、自信があるようにも見えるのではないかと思ったのです。
当時は緊張を隠したくてたまらなかったので。

ところが、最初に元気すぎる声を上げた瞬間、聴衆が引くことが分かったのです。

高く元気すぎる声で冒頭の自己紹介をしたとたん、聴衆の心が離れ、皆の頭の上にクエスチョンマークがついているように見えました。

 

私は、焦りました。

そして、焦りを隠そうと、更にテンションを上げると、更に聴衆がどんどん離れていくのを感じました。とても怖い時間でした。

 

こんな恐ろしいことがなぜ起きるのか、何回か同じ経験をしてやっと分かりました。

 

人は、命令をしたり、上からものをいう人を嫌います。

逆に、優しくされたり、話を聴いてくれたり、親切にしてくれたり、下から自分の心に入ってくる人に安心感を持ちます。

 

声のトーンも全く同じだったのです。

下からゆっくりと、優しく入ってくる声に安心感を持ちます。

ゆっくりと優しく、丁寧に話してくれると、自然に心が開きます。

けれど、冒頭でいきなりテンション高く迫られると、強引に心をこじ開けられているような気分になってしまうのです。

しかも聴衆にしてみれば、ほとんどが初対面ですから、余計です。

強引に心をこじ開けようとすれば、相手は当然心を閉ざしてしまいます。

ハイテンションでスタートすると、スピーカーも聴衆も冒頭から心拍数が上がり、緊張を促進してしまうのです。

これが、聴衆が引いてしまった理由でした。

 

裏を返せば、自信の無さが必要以上の高いテンションになり、その本質を聴衆が見抜いたとも言えます。

講演、スピーチ、プレゼンテーションの冒頭から高いテンションでスタートする方の多くは「圧倒して聴衆を自分の話に巻き込みたい」と願っています。

ですが、聴衆は話しの内容に興味を持ちたいのであって、大きな声に圧倒されたいわけではありません。

 

 

私はそのことに気が付き、低く優しく、ゆっくりとした声で口火を切ることにしました。

すると、打って変わって聴衆の気が自分に集中し、全員を吸引できたことをはっきりと感じ取りました。

 

まるで、誰かが魔法をかけたのではないかと思うほど、一瞬にして会場中の空気が私に集中したのです。感動しました。

 

冒頭でトーンを抑えるコツは、ゆっくり話し始めることです。

ゆっくりと話せば、必然的に声のトーンは下がります。
優しく話すことも十分できます。

 

そして、低く、優しく、ゆっくりとした口調でスタートすると、自分自身の心が落ち着きます。

自信がみなぎり、これからのスピーチを価値あるものにできるという確信が体中にあふれます。

私はこれをスペシャル・スローインと名付けました。

 

アメリカのTEDなどを見ると、ハイテンションで出てきて「みなさん、こんにちはーー」なんてスタートする人はほぼいません。

大声のハイテンションスタートは、日本独特のものなのかもしれません。

 

人は上から来るものに警戒しますが、下からくるものには心を許します。

ですから声も、聴衆の下から滑り込ませて、聴衆を立てます。

下からスルッと入って、いつの間にか虜にしてしまう。
冒頭のスペシャル・スローインは、まるで素敵な恋の始まりのようです。

 

 

Column

トーク&診断

コミュニケーション

プレゼン・スピーチ

Prev  Next