桑名涼子|MC司会|講演|

コミュニケーション力は「仲良くできること」ではなく「自分と調和すること」

コミュニケーション

企業が求めているのは15年連続コミュニケーション能力

「コミュニケーション能力の高い人」というと、どんな人を思い浮かべますか?

以前に私のセミナーに参加して下さった方にお願したアンケートには、こんな答えが書かれていました。

<Q コミュニケーション能力の高いと思われる人は?>

〇誰とでも仲良くできる。

〇気持ちのいい挨拶ができる。

〇面倒見がいい。

〇決めつけない。

〇問題解決能力が高い。

〇相談しやすい。

〇優しい。

〇いつもニコニコしている。

〇親身になってくれる。

〇陰口を言わない。 

〇本音で話せる    

〇冷静に対応できる   等々

んー、なるほどぉ……。

では、次に日本経団連が調査した「企業が社員採用時に求める資質」の統計をご覧下さい。

横軸が「年」で縦軸が「割合」です。

企業が社員採用時に求める資質は、

ダントツでコミュニケーション力!

2位の主体性とは、大きな差がついています。

こんなに多くの企業が「求む! コミュニケーション能力のある人!」と、15年間言い続けているんですね。

15年間言い続けるということは、15年間コミュニケーション能力の高い人が増えていないということでしょうか!?

 

その前に新入社員を採用する側の企業の方々は、「コミュニケーション能力」というものをどんなふうに捉えているのかも気になります。

 

新入社員が入社してから行っているコミュニケ―ション研修の内容を見ると、「名刺の渡し方」「挨拶の仕方」「トラブル対処法」「会話の仕方」「信頼の築き方」「話の聞き方」………等が中心です。

ということは、「コミュニケーション能力」の高い人というのは、「誰とでも仲良くできる人」「面倒見がいい人」というようなニュアンスで考えているようなのです。

でも、対人コミュニケーションのベースは、セフルコミュニケーション。自分自身との調和です。

自分自身がどういう人間なのかを知り、自分自身と気持ちよく調和をしていなければ、人とのコミュニケーションが上手くいくはずもないんですよね。

 

自分といいコミュニケ―ションをとるためのコツは、自分の悪癖を知ること。

悪癖というのは「自分自身を苦しめてしまうクセ」です。

対相手ではなく、自分自身を苦しめてしまうから、自分にとっての悪いクセということです。

 

なんだかイヤな気分になる、なんかいつもここでつまづいちゃう。

そんなときは、必ず「悪癖」がジャマをしています

では、どうやってその「悪癖」に気が付くかというと、一番よく分かるのは、「苦手な人が現れたとき」

たとえば、とってもタカビーな、あなたがもっとも苦手とする相手とコンビを組んで仕事をすることになったとします。

憂鬱…。

辛い…。

ムカつく…。

逃げ出したい…。

毎日顔を見るたびにそう感じてしまいます。

でもなぜ!?

なんでこんなに相手のタカビーさが気になるんだろう。

と、考えたとき、実は自分の中にもその人と同じような「タカビーさ」があったりすることがよくあるわけです。

または、「自分の意見をはっきり伝えられない」という悪癖を持っている場合も、「タカビーさ」にことのほか苛立ちます。

 

まさか?

そんなことない。

と、思いたいところですが、かなりの真実です。

 

いずれにしても、「タカビ―な人に苛立ってしまう」というのは、自分を苦しめているわけですから、これは間違いなく悪癖です。

ですが、このタカビーな人こそが、救世主!

 

相手を変えることはできないので、「自分の中のタカビー度を下げてみる」か、「自分の意見をはっきり伝える練習」をするというプランが浮かび上がるわけです。

幸運にもこのプランが浮かび上がったは、「タカビー」な人が目の前に現れてくれたからです

ですから、苦手な人はありがたい存在。

自分と上手く調和するには、第三者が必要で、人とうまく調和するには自分との調和が必要。

セフルコミュニケーションと対人コミュニケ―ションは、おしどり夫婦のようなものでしょうか。

苦手な相手は、自分の悪癖を知らせてくれるために現れます。

ホントです。

出会いに感謝です。

イヤな人と会ったり、イヤなことが起きたときは、悪癖修正のチャーンス!

と思ってみる。

ようになるべくしてみるとかなり幸福度が上がりますよ。

詳しくは講演「強みを引き出すバランスアップ・コミュニケーション」の中でお話します。
2回連続講演では「9つの性格分析エニアグラム」を使って、更に詳しくひも解いていきます。

強みを引き出すバランスアップ・コミュニケーション

~人間関係が楽しくなる・もっと自分が好きになる~

強みを引き出すバランスアップ・コミュニケーション

~人間関係が楽しくなる・もっと自分が好きになる~

【効果】
自分の強みを知って、人間関係の悩み、メンタルの悩みを解決するための思考法を身につけます。
【内容】
〇自分を知り自分の強みを知る
〇折れることのない柔らかい体と心を作る
〇言葉以外のコミュニケーション力を身につける
〇プロスポーツ選手も行うイメージトレーニング方を身につける
〇振り回されないメンタルを自分のものにする 等

講演ページへ

きどき出てくる登場人物

メンタル心理カウンセラー ティーちゃん   <切れ者>

  おしゃべりな鳥  ツボ太 聞きたがり> 

 
 
 
 
《筆者》 桑名涼子 <司会者/トーク診断士/タレント>
テレビ、ラジオ、イベント、ディスカッションなどでの司会と共にトーク診断士として、全国での講演や、様々なメディアでのコメンテーター、雑誌新聞などでアドバイスやメンタル診断の監修を務める。
 
長年に渡り「しゃべりと人間の本質との関係」を探求し、人の”しゃべり”(しゃべり方・しゃべる内容・声)を8つのタイプに分けて、「自分自身の魅力と出会う人の本当の魅力」を引きだすためのコミュニケーション・ツール「しゃべリング8」を考案。
スピーチ・ブランディングに活用するほか、メディアで発表している。
 
また、メンタル心理カウンセラーとしても活動し、執筆しt「RKカード」は、口コミで広がり全国に数万人のユーザーがいる。
 
座右の銘
「面白い人でいたいから、面白いことをやっていたいと思う」

Prev  Next