桑名涼子|MC司会|講演|

雰囲気コーディネートで印象を変える

コミュニケーション

雰囲気って何?

 

「いい雰囲気のお店だね」

「なんだかイヤーな雰囲気だった」

「すごく雰囲気のいい人ね」

「ちょっと恐そうな雰囲気」


私たちはよく雰囲気という言葉を使いますが、

そもそも雰囲気って、どういう意味なのでしょう。

辞書によると 雰囲気とは

1 天体、特に地球をとりまく空気。大気。

2 その場やそこにいる人たちが自然に作り出している気分。

また、ある人が周囲に感じさせる特別な気分。

なんだか辞書も、アバウトな雰囲気ですね(笑)

ですが、私たちは、雰囲気で人を見、雰囲気で感じ取り、雰囲気で決断することさえあります。

なぜなら実際は、雰囲気はアバウトなものではなく、人や物事を判断するのに大きな要素だからです。

 

そこで、臨床実験でも証明された自分の「雰囲気をコーディネートして理想の印象」を与えるための3つのポイントをお伝えしましょう。

 

理想の自分を決める。

自分の雰囲気は、「自分が自分自身をどう捉えているか」が、そのまま相手に伝わります。

つまり、理想の雰囲気は、自分自身で決めたとおりになるということです。

〇「自分はモテる」と、心の底から思っている人はモテます。

〇「自分はモテる」と、思いたい人、思おうとしているけれども、実際は自分はモテないと感じている人は、なかなかモテません。

〇「自分はモテない」と言いながら、意識下(潜在意識)ではモテることを確信している人はモテます。

「モテる」ということに関して言えば、美醜や、収入ではなく、自分の思い込みが雰囲気として、相手に伝わり、相手は自分の思い通りの雰囲気として捉えられているということです。

だったら、健康、恋愛、仕事、交友関係、すべて理想の方向に思い込まない手はありません。

 

②誰にも見られていない日常をコントロールする

雰囲気には、普段の生活がそのまま表れます。

部屋をまったく片づけない人が、「綺麗好き」をアピールしても、なかなか綺麗好きな雰囲気を醸し出すことはできないですし、いつもネガティブな思考をしている人が、その場だけ頑張って明るくふるまっても、ポジティブ思考な雰囲気に見られることも少ないでしょう。

人に見せていない部分こそが、その人の人生を形成し、その人の「雰囲気」として沁みついているからです。

だからこそ、人に見えていない「日常」をコントロールすることはとても大切です。

「お金持ちになりたい」と思うのであれば、日常でも極力お金持ちがするようなふるまいをすることです。

役者になって楽しむという感覚で。

 

しゃべり方のアレンジ

即効性のある雰囲気コントロールは、「しゃべり方のアレンジ」です。

ゆっくりしゃべる人は、のんびりしてる雰囲気になりますし、
早口でしゃべる人は、せっかちな雰囲気になります。
大きい声でしゃべる人は、自信があるように見えますし、
小さな声でしゃべる人は、自信がないように見えます。

要点をつかんで、的確にしゃべる人は、知的な雰囲気を醸し出しますし、
自分の意見だけを延々としゃべり続ける人は、配慮にかける雰囲気を醸し出します。

考えてみると、当たり前のことなのに、多くの人がなかなかしゃべり方をアレンジしようと思わないのは、「しゃべりのパターン」は、長い年月をかけて潜在意識にすりこまれているからです。

とても変えにくいと感じてしまうのです。

ですが、芸能人や文化人で、イメージコーディネートを本気で考えている人は、必ずしゃべりをアレンジしていきます。

理想とする自分のしゃべり方で、自分を表現するわけです。

(関連記事 「叶恭子さんの絶品プロデュース」

何度も何度も意識的に理想の自分のしゃべり方をしているうちに、そのしゃべり方が無意識に定着し、自分のもになります。

いかがでしょう。
3つのポイントで理想の雰囲気を身にまとい、理想の自分に近づいてみては。

 

詳しくは講演「強みを引き出すバランスアップ・コミュニケーション」「魅力拡大プロジェクト~生きのいい自分が動き出す画期的新習慣~」、イメージ・コーディネートの個人レッスンの中でもお伝えします。

強みを引き出すバランスアップ・コミュニケーション

~人間関係が楽しくなる・もっと自分が好きになる~

【効果】
自分の強みを知って、人間関係の悩み、メンタルの悩みを解決するための思考法を身につけます。
【内容】
〇自分を知り自分の強みを知る
〇折れることのない柔らかい体と心を作る
〇言葉以外のコミュニケーション力を身につける
〇プロスポーツ選手も行うイメージトレーニング方を身につける
〇振り回されないメンタルを自分のものにする 等

講演ページへ

 

魅力拡大プロジェクト

~生きのいい自分が動き出す画期的新習慣~

【効果】
「型」を本来の「自分自身」に戻し、ナチュラルな状態で自分らしく気分よく日々を送るための習慣を身につけます。
【内容】
〇現象は連鎖する・すべてのことは連鎖する
〇モンキーマインドからビックマインドに
〇自分自身の魅力を知る
〇他者のイメージ力をも活用するイメトレ法
〇自分を好きになるための二つのポイント
〇状況を好転させる言葉 等

講演ページへ

きどき出てくる登場人物

メンタル心理カウンセラー ティーちゃん   <切れ者>

  おしゃべりな鳥  ツボ太 聞きたがり> 

 
 
 
《筆者》 桑名涼子 <司会者/トーク診断士/タレント>
テレビ、ラジオ、イベント、ディスカッションなどでの司会と共にトーク診断士として、全国での講演や、様々なメディアでのコメンテーター、雑誌新聞などでアドバイスやメンタル診断の監修を務める。
 
長年に渡り「しゃべりと人間の本質との関係」を探求し、人の”しゃべり”(しゃべり方・しゃべる内容・声)を8つのタイプに分けて、「自分自身の魅力と出会う人の本当の魅力」を引きだすためのコミュニケーション・ツール「しゃべリング8」を考案。
スピーチ・ブランディングに活用するほか、メディアで発表している。
 
また、メンタル心理カウンセラーとしても活動し、執筆しt「RKカード」は、口コミで広がり全国に数万人のユーザーがいる。
 
座右の銘
「面白い人でいたいから、面白いことをやっていたいと思う」
 
 

Column

トーク&診断

コミュニケーション

プレゼン・スピーチ

Prev  Next