桑名涼子|MC司会|講演|

対人革命☆もう人に振り回されたりしない!

コミュニケーション

■ 「振り回されること」の害

最初はいい人だと思ったのに、ふと気が付いたら、その人に振り回されていた。

あー、疲れる…。

この人から離れることができたら…。

でも、仕事だし…。

なんていうこと、ありませんか?

「振り回す人」は、思いがけないところに潜伏していることがあります。
最初は、笑顔で感じも良く、心優しい人に見える場合もあるため、自分を振り回すようになるなんて、思いもしないのです。

ですが、付き合いが進むうちに次第に言動に変化が起きて、気が付くと振り回されている、という具合です。

「振り回す人」の感情と行動は、このように動きます。

人を振り回す

一時落ち着く

些細なことでイライラする

人を振り回す

一時落ち着く

イライラする

人を振り回す

こうして、エンドレスに続いて行きます。

当然、ずっと振り回されていれば、様々な症状が表れます。

〇自分らしい言動ができなくなる。
〇「振り回す人」の言動次第で、自分の対応が変わってしまう。
〇委縮し、自信が持てなくなる。
〇心から楽しむことが出来なくなる。
〇落ち着きがなくなる。
〇常に「振り回す人」のことが頭から離れなくなる。
〇やるべきことにエネルギーを注ぎ込むことが出来ない。等。

本来の輝きや魅力が、無残にも失われてしまうわけです。

その相手から離れることができれば、何も問題ありませんが、職場や、取引先、お客様や、親族など、どうしても離れることが出来ない場合、そのままにしておいていいことなど何ひとつありません。

健やかな心身を取り戻すためにすぐに解決しましょう。

 ■どんな人がターゲットになるのか⁉

さて、「振り回す人」がターゲットにするのは、どんな人でしょうか。

嫌いな人?
感じの悪い人?
タカビーな人?
自分を敬遠している人?
落ち着きのない人?
あるいは、好きな人⁉

どれでもありません。


「振り回す人」が振り回そうとするのは、「振り回せると確信できる人」です。

では、どんな人を「振り回せると確信する」のでしょう。

「振り回せる」と確信するのは、「恐れを抱えている人」か、「決定権を持ちたくない人」です。

ターゲット① 恐れを抱えている人

人は誰しも多かれ少なかれ「恐れ」を抱えています。

対人に関しても、「この人は自分を傷つけたりしないだろうか」という恐れがどこかに潜んでいるものです。

そして、その恐れが極端に強い人がいます。

表面上は笑顔でいても、常に内心はビクビクしている人です。

このような人は、相手の意見が理不尽だと思っても、反対意見を言って、相手が気分を害したり、ややこしい展開になって、今後の関係に支障が出るのを極端に恐れ、自分の意見をひたすら押し殺してしまいます。

そして、相手に言われた一言を大げさに問題視して深く傷つき、悩みこんでしまいます。

このようなタイプは、「言葉や行動」と「心」が逆方向を向いていますから、当然不安定になります。

不安定になるということは、片足でグラグラしながら立っているようなものですから、指先で肩をチョコンとつつけば倒れてしまいます。
振り回すことも簡単ですから、すぐにターゲットになってしまいます。

 ■ターゲット② 決定権を持ちたくない人

もうひとつ、決定権を持ちたくない人も「振り回す人」のターゲットになる可能性が高くなります。

「決定権」を持つということは、「自分の言動に責任を持つ」ということです。

たとえば、「何が食べたい?」と聞かれて、いつも「何でもいいよ」と答える人は決定権を持ちたくないのです。

「お寿司」と言って、店に入ったものの、美味しくないかもしれない、思った以上に高いかもしれない。それは自分の責任になる。

「何でもいいよ」と言葉にするとき、そこまで考えないかもしれません。

相手の望みを優先したいという思いからこその配慮だと、ご自身は感じているかもしれません。

ですが心の奥には決定権を持たず、責任回避したがる「クセ」が潜伏しています。

元々多くの人は、「人の指図は受けたくない」と思いながらも、深層に「コントロールされていたほうが楽」という欲求があります。

人の意見に従っていれば、自分の意志や考えを使わなくて済むし、責任をとらなくて済むからです。

「コントロールされたほうが楽」という欲求が強ければ強いほど、絶好のターゲットになってしまいます。

 

■振り回す人の性格 

振り回す人のイメージは、横暴で、わがままで、独善的という感じがすることがあります。

「振り回す」という行為自体、威圧感がありますから、「強い人」に見えることもあるかもしれません。

ですが、強い人というのは、心が柔軟で、余裕があり、変化に対応することができるため、人を振り回そうとしません。

振り回す人は皆、弱さを抱えています。

その弱さは、「人に支配される恐怖」です。

自分の弱さを人に知られたら、自分は誰かに支配されるかもしれない。

支配されたら、自分はたぶん言いなりになるだろう。
そして、自信をなくし、みじめな思いをする。

そんな思いは、絶対にしたくない。

と、本能的に感じるから、先に自分から人を振り回し、身を守ろうとするのです。

つまり、「振り回される人」は、「振り回す人」の「弱さ」に振り回されているということになります。

人を振り回す目的

では、なぜ「振り回す人」は、何の役にも立たない無駄なエネルギーを使って人を振り回しているのでしょうか?
それは、目的を達成するためです。

その目的とは、

〇もっと私の話を聞いて
〇もっと私の話を聞いて
〇もっと私を見て
〇もっと私の苦しみを分かって
〇もっと私を褒めて
〇もっと私を尊敬して
〇もっと私の実力を認めて
〇もっと私が快適に過ごせるように考えて

山ほど無言の要求があって、人を振り回しながら、心の中で叫び続けているんですね。

すると「振り回される人」(恐れを抱えている人・決定権を持ちたくない人)は、こんな無言の要求につい応えてしまいます。

「とりあえず話を聞いておこう」「とりあえず自分が悪いことにしておこう」「とりあえず無難に済ませることだけを考えよう」

そんな思いから、相手の要求を飲んでしまうこともあります。

それは、「振り回す人」をどこかで強者だと捉えている誤解があるからです。

ですが、「振り回す人」は、とても弱いのです。

まず、このことをぜひ、頭に叩き込んでみて下さい。

どうすれば振り回されなくなるか

「振り回す人」の要求に応えるのは、まったくもって逆効果です。
自分の弱さを伝えてしまうため、相手は自分の弱さを相手に見ているようで、更に振り回したくなってしまいます。

なによりも振り回されないために効果的なのは、自分の意見を持ち、それを伝える勇気を持ち、自分の言動に責任を持ち、決定権を持つことを恐れないということです。

それが出来れば苦労はしないと感じるかもしれませんが、自分が思うほど大変なことではありません。

なぜなら、結果が明確だからです。

決定権を持つ勇気を持てば、「振り回されなくなる」という結果が保証されているからです。

もっと「我がままに発言する」という感覚でもいいと思います。

ただ、ビクビクしながら、我がまま風に発言するのだけはやめて下さいね。

「振り回す人」がキャッチするのは、言葉ではなく、あなたの心ですから

腹に力を入れて一度やってみて下さい。

そうしたからと言って「振り回す人」の怒りを買うことはありません。

最初は、多少、反撃することがあるかもしれません。

ですが、あなたの「振り回されない」という思いが強固なら、「振り回せない人」だと認識を改め、振り回すことをやめるだけです。

 
 
 
 
《筆者》 桑名涼子 <司会者・トーク診断士・心理カウンセラー・エッセイスト・タレント>
テレビ、ラジオ、イベント、ディスカッションなどでの『司会』と、「対人コミュニケーションのベースは自分自身との調和にあり」というコンセプトで『コミュニケーション・クリエイター』として活動。全国での講演や、様々なメディアでのコメンテーター、雑誌新聞などでアドバイスやメンタル診断の監修を務める。
また、ナレーション、執筆などすべて『言葉』に関わることが活動の主軸。
メンタル心理カウンセラーとしても活動し、執筆した「RKカード」は口コミで広がり全国に数万人のユーザーがいる。
モットーは「楽しく」。

 

Column

トーク&診断

コミュニケーション

プレゼン・スピーチ

Next